忍者ブログ
高齢化社会の波にのって頭皮高齢化の痛みに涙する私の、徒然と心象を描いた日記。
<< 08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    10 >>
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「たとえ負けても、次があるならば、
    
そこに可能性を求めたい。
    許される限り、前へ進んでいきたい


安藤忠雄の言葉で、自分の心根となっている言葉です。
これは建築家である彼の著書「連戦連敗」からの抜粋です。



どちらかというと後ろに下がりやすく、低きに流れやすい俺。
その精神的脆さを鑑みるからこそ意識して
「前進・進歩・目標」
といったことを思考の根幹にすえます。

今までもつらつらと綴り続けてきたように
弱さにより、人一倍打ちのめされてきた感が強いため
周りからのプレッシャー等に苛まれた人の心が自分はよく分かります。
悩みの内容は十人十色ではあるので
いたずらに「分かるよ」とは言うことはできませんが
自分に勇気を持てない状態に陥る事は誰もが同じです。

そういう人にはいくらでも手を伸ばし続けていたい。
他人を心配する程余裕がある様には思えないかもしれませんが
同じ影を背負って生きてきたからこそ
かけてあげれる言葉というのもまた存在しうるのです。

【情けは人のためならず】
自分が掲げるモットーですが、結構勘違いされてる言葉でもあるようです。
「情けをかけるという事は、帰ってその人をダメにしてしまうからかけないほうがいい」
と思ってる方は勘違いですw
本来は
「情けをかけ親切に接していれば、最終的には自分にその親切が返ってくるということ。
だからどんどん人に優しくしてあげなさい」
つまりはこういう感じの意味なんです。
【情けは人のためならず、巡り巡って己がため】
最初からこの形で世間的に広まれば勘違いも無かったんだろうけどもw
ただ、このモットーが足かせにもなる事を知らされもしました。
誰にでも優しい人間を敵に回すと怖いらしいですね。
なるほど、たしかに。俺もそう思います。
それゆえに必要以上に警戒されてしまうんだそうです。
過去にも2度ほどそういういった事で警戒されて悶々と考え続け、悩み続けていましたが
秋の夜長、何か無いものかと思考を巡らせ続けてみます。

そういえば、僕の同居人や他の友人たちの間で
新しく恋愛が始まりだしました。
春は別れの季節・秋は出会いの季節
なるほど、まったくもってその通りw
リアルであろうがオンラインであろうが
割かし恋愛話の相談を受けることが多かったのですが
出来ることなら俺などに頼ること無いよう幸せな日々を織り成していってほしいですね。
口では茶化しますが、真剣に笑顔が続く日々を祈りつづけています。

俺の出会いも、またいずれくるのでしょうか?
月夜に縁側で友達とビール飲みながら語らうのもなかなかの一興ですが
肌寒い季節が来ると少しずつ寂しくなりますよねw
焦って作るものではないので自然の流れに任せましょう。
とは言ったものの・・・
神様!!普段は全く信じていませんが
こういうときだけは信じたくなります。
不届き者でゴメンナサイ。


最後に
名言ついでにこんな名言を新しく恋愛を育み始めた友人達に贈る。

「 優しい言葉をかければ、信頼が生まれる。
    相手の身になって考えれば、結びつきが生まれる。
          相手の身になって与えれば、愛が芽生える。  」

by老子
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
想いをつらつらと
一言で語れる言葉たちではないけど、形もそれぞれ違うけど、
人の心の痛みを想うことが、「優しさ」。
存在を認めることが、「好き」。
存在を大切に想うことが、「愛」。
ってことじゃないかな。

「人にされて嫌なことはしない
 人にされて嬉しいことはする。」
言葉にすると単純だけど、まずはここからだと思う。

ただし、難しいのは、それが人それぞれってこと。
だから、真に分かり合うために、お互いが、
自分で自分のことを解ってもらう努力、
相手を知ろうとする努力がいると思う。

人間関係で辛いとき・迷ったとき、俺を支えてくれる
好きな名言を、俺からも一つ。
(相田みつをは心の師匠だな。)

「幸せはいつも自分の心が決める。」

幸せは自分自身でしか決められないから。
他人に決められるものではないから、
誰にどう思われる、誰がどういったからではなく、
それぞれがそれぞれの信じる幸せのために、
努力する必要があるんだと思う。

自分が感じた痛みを、優しさに変えて。
出会う人たちの価値観を吸収して。
それぞれが持ち寄る想いを重ねて。
もっともっと、強く・優しく、心豊かに生きていけたら良いなと思う。
そして少しでも、好きな人たちの幸せの一部になれたら、最高だよね。

俺も弱いし、確信なんて全く無いけれど。。
こんな俺でも、好きでいてくれる人たちが、支えてくれる人たちがいるから。
自分の、好きな人たちの、幸せのために、「今から ここから」
またがんばっていこうと思うよ。

いつもハゲ増してくれてありがとうね(´∀`)
マゲも、マゲの信じる幸せのためにがんばれ。
出来る限り、俺も支えるさ。

改まってまとめて書くと激しく照れる、ミソジの秋でしt
って自分のブログより気合いれて書いちまったwwww
Wish 2007/10/10(Wed)23:55:07 編集
Re:想いをつらつらと
自分の日記の下に日記がもうひとつ・・・
気合入れたコメントさんきゅw

>「人にされて嫌なことはしない
> 人にされて嬉しいことはする。」
当然のことのようでできてない人多いです。
自分も完璧に遂行しているわけではないですが・・・
どこかで出来ないと分かっているからこそ
人に深くまで侵入させなかったり、侵入しなかったりしているんだと思う。

>「幸せはいつも自分の心が決める。」
これはまったくもってその通り。
ただこれだけだと他人が関与する隙間が無いような味気なさが
漂うな雰囲気もありますが。あくまで幸せとは主観的なものであって
他人はそのきっかけにしかなり得ないという意味では
激しく同意するところ。
良い意味でのきっかけになりうる力があるならば
俺も積極的に力になっていきたいものです。
-成-  【2007/10/12 12:26】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ FF MUSIC BOX
★ FF14プロフ
FFXIV PROF
★ プロフィール
HN:
-成-
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1982/12/15
職業:
風来坊
趣味:
飲酒・アコギ・ネトゲ
★ 最新コメント
[10/22 みむら]
[04/08 みむら]
[05/26 haru]
[10/25 みむじ]
[04/15 GU3]
★ お天気情報

Copyright (c)禿が奏でる文言 All Rights Reserved.
Photo material by 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]